Web
Analytics

毎日のプラスひと家事

毎日のルーティンにひと家事プラス。暮らしに役立つ、掃除・片付け・子育て育児・無印良品などの情報を発信しています。

【無印冷水用ボトルのつけおき洗い】5分と放置

麦茶を入れる冷水用ボトルのお手入れです。

麦茶を冷水用ボトル(無印良品)に入れて自宅で作っています。

麦茶を入れるボトルは底や隅っこ、各パーツに茶渋や水垢など汚れが付きやすいのが困ります。普段は長めのブラシでこすったり、奥まで手を入れスポンジでゴシゴシと強めに洗ったりしています。

その他にパッキンやストレーナーなどのパーツの汚れが気になった時、つけおき洗いをしています。

 所要時間

  • 5分とお好みで放置

お掃除グッズ

  • 過炭酸ナトリウム

 

ほとんど放置するだけできれいになるつけおき洗いは洗剤さえあれば気づいた時にすぐにできるプラスひと家事です。

冷水ボトルのお手入れ1

まずはいつものようにボトルをきれいに洗います。

ボトルの大きさを利用してついでのつけおき洗いもしてしまいます。

冷水ボトルのお手入れ22リットルのボトルにはパーツを入れてもまだスペースがありもったいないので今回はシリコンのおかずカップを一緒につけおきます。

おかずカップも使用しているうちに匂いや着色が気になってくるので定期的につけおき洗いですっきりさせたいアイテムです。

ボトルに入るような小物のつけおきは一緒にできるチャンスです。

冷水ボトルのお手入れ3

ボトルに過炭酸ナトリウムを規定量入れ、お湯を注ぎます。

容器の底面などに記載されている耐熱温度をよく確認した上でこちらは90°とあったので沸かしたお湯を沸騰前に火を止めて少量の水を入れた状態から注ぎ入れました。

蓋の汚れも落としたいので満水にします。

お湯が暑いと中身が膨張してしまうので、蓋を強くしめるのは危険です。

あとは適当な時間放置して、よく洗うだけです。

私は昼間につけおいたものを寝る前に洗いました。

冷水ボトルのお手入れ4

おかずカップなどの小物はザルにあけて乾燥させます。

その後、容器の中の水は軽い汚れのみでしたので、捨てずに鍋に入れて再加熱、台拭きの煮洗いにも使用しました。

 

茶渋はすっきり、透明なボトルにリセット。

油の残りやすいシリコンカップもきれいになりました。

 

本日のプラスひと家事でした。

お読みいただきありがとうございました。

 

 過炭酸ナトリウムはこちら。

シャボン玉 酸素系漂白剤 750g

シャボン玉 酸素系漂白剤 750g

  • 発売日: 2004/01/06
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品