Web
Analytics

毎日のプラスひと家事

毎日のルーティンにひと家事プラス。暮らしに役立つ、掃除・片付け・子育て育児・無印良品などの情報を発信しています。

【洗いカゴのお手入れ】20分

洗った食器を置く洗いカゴのお手入れです。

水回りは汚れます。気になりつつもずいぶん長い期間放置してしまったのでお手入れも手がかかります。結局お手入れしなかった分、後々手がかかってしまうのがお掃除の切実なところです。

とはいえ洗いカゴをお手入れするには中の食器が空にならないとできません。

(普段ふきんで拭く手間を省き、カゴにおいたまま自然乾燥しています)

ちょっと面倒な箇所ですが重い腰を上げお手入れをしました。

所要時間

  • 20分

お掃除グッズ

  • 食器用スポンジ
  • 食器用洗剤
  • お掃除用ブラシ
  • クエン酸
  • キッチンペーパー
  • ワイドマジックリン

無印のステンレスの洗いカゴを使っています。水切れがよく食器を置きやすい優れものですが、ステンレス故に水受けトレイの汚れが目立ちます。

f:id:keppekix:20200205154152j:plain

夕食の食器以外は手洗いしています。

夕食も食洗機に入らない大物や食洗機NGのものは手洗いなので洗いカゴの出番は多いです。

f:id:keppekix:20200205154144j:plain

ステンレスの水切りトレイの上には白いカルキ汚れが目立ちます。

通常気になってきたらお手入れをしています。

f:id:keppekix:20200205154149j:plain

外せるパーツを取り外し、カゴ本体を食器用スポンジと洗剤で洗います。

カゴの網目が重なる部分は汚れていることが多く、スポンジでは洗いにくい箇所です。

ブラシを使いながらきれいにします。

まとめてつけ置くこともありますが今回は手作業できれいにしました。

f:id:keppekix:20200205154139j:plain

ワイドマジックリンは酸素系漂白剤の中でも防錆成分の入っているのでキッチン周りに使いやすい洗剤です。

熱湯でつけ置くことで効果的に汚れを落とします。

今回は箸立てと洗いカゴの脚カバーをつけ置きました。

※それぞれのパーツやつけ置くものの耐熱温度をご確認ください。

f:id:keppekix:20200205154134j:plain

つけ置いたまま出かけたので数時間放置することになりましたが、新品同様に汚れが落ちピカピカになりました。

f:id:keppekix:20200205154142j:plain

水切りトレイはカルキ汚れを落とすためクエン酸を使いました。

洗剤で洗うだけではどうしても落ちないカルキ汚れですが、クエン酸でもなかなか落ちずに苦戦しました。

濃い目のクエン酸で30分ほどキッチンペーパーでパックしました。

f:id:keppekix:20200205154131j:plain

 

今回はつけ置きもセットでしましたが、いつも時間と相談しながら

水切りトレイのみを洗ったり、脚カバーのみを小さな器でつけ置いたり、臨機応変にお手入れをしています。

 

全部がきれいになるのはとても気持ちがよくいいことですが

できない時は無理をしない、

それでも気になる時はできそうな部分のみを掃除する、 

 

気軽に自分のペースでお掃除をするのが一番です。

 

本日のプラスひと家事でした。

お読みいただきありがとうございます。

※所要時間はおおよその目安です。