Web
Analytics

毎日のプラスひと家事

毎日のルーティンにひと家事プラス。暮らしに役立つ、掃除・片付け・子育て育児・無印良品などの情報を発信しています。

【誰でも使いやすいバターの保存方法】5分

バターケースを使ってバターを保存しています。

ホーローのバターケースを使ってバターを保存しています。わざわざケースに入れるの?と思われるかもしれませんが、子供でも使いやすいようカットして使っています。

f:id:keppekix:20200226153703j:plain

パンにはマーガリンではなくバターを使う派です。

パンにバターを塗るのって硬くって使いにくくって大人でも難しいですよね。子供にはもっと難しいからこそ、塗ってあげなくてはならない煩わしさがありました。

今はバターケースを渡すだけです。

f:id:keppekix:20200226153701j:plain

普段、包装も簡易な大きめサイズのバターを購入しています。普通サイズのバター2つ分より大きいです。ひとつ購入すれば2ヶ月近く持ちます。(ご飯食がほとんどです。)

これを包丁で細かくカットしていきます。

バターの保存方法3

カットしたらバターケースの登場です。200g用なので少しずつ切り分けて入れます。ホーローなので匂いも付きにくく、油汚れもすっきり落とせます。

特にサイズは決めていませんが、トーストに数個乗せて食べるようなイメージでカットするようにしています。

バターの保存方法4

使う時はフォークでひとつずつ。簡単に取り出せるので忙しい朝もテーブルに出して置くだけでひとりでもできちゃいます。こどもはバターが大好きなので油断すると塊のまま食べてしまいます!

バターの保存方法5

 

食べやすいようにパンもカットしていますが、小さく切ったバターがこれにぴったりです。トースト1枚で出すよりもずっと進みもよく、パンを食べるときにはこのスタイルが定番となっています。 

 

バターをカットするのは面倒かもしれませんが、結果的には時短にもなる保存方法でした。

 

本日のプラスひと家事でした。

お読みいただきありがとうございます。

※所要時間はおおよその目安です。