Web
Analytics

毎日のプラスひと家事

毎日のルーティンにひと家事プラス。暮らしに役立つ、掃除・片付け・子育て育児・無印良品などの情報を発信しています。

【人工大理石シンクの普段のお掃除・お手入れ】10分

人工大理石のシンクの普段のお掃除についてです。

所要時間

  • 10分

お掃除グッズ

  • 油汚れマジックリン(普段は重曹です)
  • スポンジ
  • 隙間用ブラシ(無印良品

キッチンはパナソニック製を使っています。素材はホワイトの人工大理石。まぁ汚れます。汚れやすく落ちにくいです。シンク内はステンレスでもよかったかなーと思ったりもしますが選んでしまったからにはお掃除するのみです。

 

シンクのお掃除について1

こちらがシンク内。普段のお手入れというのは洗い物が全部終わったあとの割と頻繁にするお手入れのことです。

 

オキシ漬けなどの特別なお手入れはたまに必要と思いますが、特別なお手入れをするのってなかなかの余裕と気合いが必要ですよね。

シンクのお掃除について2

よほど気にならない限りは普段のお手入れを《簡単に、頻繁に、続ける》ことで乗り切っています。

シンク奥の壁部分は意外と汚れが飛んでいるのでこちらは食器洗い用のせっけんとスポンジでさっと洗います。今回はスポンジを新しいものに交換する予定だったので捨てるスポンジをお掃除用として最後に使いました。

シンクのお掃除について3

洗いカゴもついでに洗います。先日新たに購入したお掃除グッズ、無印の隙間用ブラシを使いました。洗いカゴはどうしても交差している部分に汚れがつきやすく、そして洗いにくい部分でした。隙間用ブラシはこの部分のお掃除にぴったりのお掃除グッズでした。

ただ早くもブラシの広がりが見られ、少しずつコシがなくなってきていて、耐久性に不安が残るアイテムです。

シンクのお掃除について4

シンクのお掃除で厄介者扱いされがちな排水口周り。振りかけて放置するだけの強力な洗剤もあるようですが、使用したことはありません。

こちらも隙間ブラシでささっと擦ってあっという間にきれいになりました。

環境負荷の少ない重曹クエン酸を使用してもよかったのですが切らしていたので今回はそのまま。

ないならないで後回しにせずそのままお掃除しちゃいます。じゃないといつまで経ってもきれいにならないままです。

シンクのお掃除について5

排水口の部分はそのままでは少し目が荒くゴミが落ちやすいのでネットをかけています。コープでプラスチック素材でないものを購入しています。

シンクのお掃除について6

スポンジもお掃除に使った古いものは処分し、新調しました。お気に入りのパックスナチュロンのものです。

シンクのお掃除について7

パナソニック製のキッチンはシンク内のカゴの自由度が高く、工夫次第で様々な使い方ができます。洗いカゴ部分もスライド可能。裏返せばカウンターとフラットになり、作業スペースの拡張にもなります。

シンクのお掃除について8

自由に動かせるのでお掃除もしやすいです。

シンクのお掃除について9

好みのレイアウトにして掃除の手間を省いたり、作業効率をあげることもできます。便利なものを使用しつつ、普段のお手入れをこまめにしつつ、ちょっと面倒で時間のかかる特別なお手入れをなるべく減らしたいものです。

 

余談ですが「メラミンスポンジ」の使用をそろそろやめたくて代用品を探しています。シンク内のお掃除にも今まで使用していたのですが、今回は処分する予定だった食器用スポンジで代用 しました。

 

いろいろ試してまた記事にしたいと思います。

 

本日のプラスひと家事でした。

お読みいただきありがとうございました。

※所要時間はおおよその目安です。

 

関連記事は以下にまとめています。

www.ianddaughter.net

www.ianddaughter.net