Web
Analytics

毎日のプラスひと家事

毎日のルーティンにひと家事プラス。暮らしに役立つ、掃除・片付け・子育て育児・無印良品などの情報を発信しています。

【整理整頓の苦手を克服その2、収納箇所を多く持つ】

2度目ですが実は整理整頓がものすごく苦手です。

掃除は大好きだけれども、収納や整理整頓は本当に苦手です。大きな空間をひとつポンと渡されたら全然うまく使えません。ですが「収納箇所を多く持つ」ことによって、苦手な整理整頓を、乗り切っています。

 

何もない空間よりも、いろんな大きさの引き出しがたくさんある、そう思うとなんだか整理出来そうな気がしませんか?

整理整頓について1

 キッチンの背面カウンターの下には一箇所、観音開きの扉がついた造作の収納スペースがあります。

では早速開けてみます、ドン。

整理整頓について2

広いスペースがあり、中には可動棚の棚板が一枚あるだけ。上段は明らかにうまく使えてないことがわかります。食器がポツンポツンと置かれて、上の方にはデッドスペース。収納力がまだあるので上段は今後の課題です。

 

 

PP引き出しケース(無印良品)をきっちりサイズを測り、はめ込みました。サイズや仕切りが多様な引き出しで、入れるものはあまり考えず下のスペースに入ることを第一条件として購入しました

整理整頓について3

下段です。

深さと幅がある引き出しにはランチョンマット・ふきんなどを入れるのにぴったりでした。もう片方には水筒を入れました。

整理整頓について4

中段です。

右側は下段と同じサイズで、乾麺、わかめやひじきなどの乾物、蜂蜜などを入れてあります。

左側は二つに別れた幅が狭い引き出しになっています。おしぼりやエプロンが一つ。もう一つはコーヒーやお茶などの飲料関係を入れてあります。

整理整頓について5

上段です。

食品以外の鍋敷やコースター、爪楊枝や、どこかに行きやすいピックなどを入れています。排水ネットなども引き出しに移動させています。

整理整頓について6

一番左の独立した引き出しにはゴミ袋や保冷バッグなどが入っています。子供の手に触れられたくない殺虫剤をこっそり一番奥に隠していたりします。(普段ほとんど使いませんが、窓からすぐそばの庭に蜂の巣ができやすいのです泣)

整理整頓について7

一部の引き出しは片側の扉を開けるだけで取り出せるので、よく使うものを入れています。コーヒーやネットなどが入っています。

 

 

中は決してきれいで整っているとは言えないかもしれませんが 

「収納箇所を多く持つ」ことで、収納が苦手な私にもカテゴリー分けができました

 

同じカテゴリーで分けてあると使いやすいです。何がどこに入っているのかもなんとなく想像しやすいです。

 

収納をして整理整頓する理由は「使いやすくすること」です。決して見た目がきれいじゃなくてもいいんです。

まだ中身を入れ替えたりすることも多いこの場所。 ラベリングをして子供等にとっても使いやすい収納にしていくことが目標です。

 

一度片付けて終わりじゃないのが収納。家族のあり方や使い方によって柔軟に対応できるようにしていきたいです。

 

本日のプラスひと家事でした。

お読みいただきありがとうございます。

 

整理整頓の苦手を克服1はこちらです。 

www.ianddaughter.net