Web
Analytics

毎日のプラスひと家事

毎日のルーティンにひと家事プラス。暮らしに役立つ、掃除・片付け・子育て育児・無印良品などの情報を発信しています。

【物を捨てられない時の3つの断捨離ステップ】

断捨離したいけど、捨てられない…

家中物だらけで整理したいけど中々捨てる勇気が出ない、物が手放せない。

そんなことってありませんか?

私はまさに、中々捨てられない人でした。

捨てられない理由

  • まだ使うかも…
  • ないと不安…
  • 勿体ない…

 

物を減らしたいのに捨てられない、そんな思考の私を救ったのは

「捨てられない時は取っておいてもいい」という魔法の言葉。

取っておいてもいい、そう唱えながら今回はキッチンのコンロ下収納を整理しました。

断捨離をする工夫1

断捨離ステップ1【捨てたいものをピックアップ】

まずは日頃から鍋が多すぎる、そう思いながら使っていたコンロ下収納を見直します。

お見せするのも恥ずかしいぐらいのごちゃっとした収納。

断捨離をする工夫2

よく使う鍋から、いただきものの鍋、ほとんど出番のないもの…

ほとんどの鍋をこのコンロ下収納に片付けていました。

さっそくピックアップしたのは下の写真の3つの鍋です。

断捨離をする工夫2

ピックアップした鍋

  1. 収納の中で一番大きかった両手鍋
  2. 片手鍋
  3. 表面加工フライパン

断捨離をする工夫3

捨てたいと思った理由

1.両手鍋…出番が確実に少ない。無駄に大きい。使うとしたら夫が麺類を茹でる時に使用するくらいで私が使うことはほとんどないものでした。(私は麺を茹でる時フライパンを使用)最大の理由はお料理がまずくなること。薄い作りで熱の通りも不均等。

 

2.片手鍋…同じ大きさの鍋が2つ。一つは頂き物。たまに使うこともあるけど重ねて収納するには少し数が多いこと。なくても大丈夫な気がしていたひとつ。

 

3.表面加工フライパン…先日無印良品の「鉄フライパン」を購入。まだ鉄フライパンになれなくて不安な部分もあるけど、少し劣化も見られた為の買い替え、思い切って手放したい。

 

断捨離ステップ2【いつもの場所から取り除く】

捨てたい物をピックアップした後は、いつもの収納場所に置くことをやめます。私の場合はとりあえず、普段の生活に邪魔にならない飾り棚の上に一時避難させました。

捨てたい物を使わない生活、捨てたい物を置かない収納をしてみます。

 

収納の見直し

早速、3つの鍋を取り除いた状態でコンロ下収納を見直していきたいと思います。

収納が大の苦手なので、まずは中身を全て取り出します。これ面倒に思える作業かもしれませんが、やってみるとちまちま整理整頓をするよりもずっと早い事に気が付きます。

f:id:keppekix:20200416161358j:plain

新築ぶりでしょうか、コンロ下の収納が空っぽになりました。

今までキッチンペーパーを敷いて使っていたのですが鍋底の後や油汚れ、とにかく汚い…。のでお掃除もします。

 

セスキで全体を拭き掃除した後に残ったのはキッチンペーパーのこびり付きです。

時間が経って硬くなった汚れには、無印良品のヘラ》が大活躍。ガリガリと頑固なこびり付き汚れを落としてくれるアイテムです。

断捨離をする工夫4

新しい収納

きれいになった引き出しは開けっぱなしのまま半日乾燥させました。

引き出しの底面は汚れが目立ったので汚れ防止のシートを敷くことにしました。

シートはニトリ”防虫 システムキッチンの汚れを防ぐシート45cm”です。

サイズ展開が複数あり、panasonicの我が家のコンロ下収納には45cmのシートがピッタリ!奥行きをカットせずに使えるのは嬉しいポイントです。

断捨離をする工夫5

長さは引き出し2つ分ありました。せっかくなので後日シンク下の同サイズの収納にも整理をかねて敷きたいと思います。

 

表面は少し凸凹していて滑り止め効果もあるシート。程よい厚みと半透明の素材できれいな底面になりました。初めから敷いておけばサビ汚れも防止できたと思うと残念。

f断捨離をする工夫6

右側の調味料ケースと思われる箇所にはキッチンペーパーを敷きました。

準備が整ったので3つの鍋以外を元の場所に戻しました。

断捨離をする工夫7

断捨離ステップ3【捨てたい物のない生活をする】

捨てたい物以外で収納を完成させる。

捨てたい物を取り除いた状態で新しいコンロ下収納が完成しました。

3つも鍋がなくなるとかなりすっきりします。

ちなみにこの写真を撮った時には使用中だった鍋もあるのですが、片手鍋の一つは普段からお味噌汁やスープ用として常に使っている状態がほとんどなんです。コンロ下に戻すことはむしろ稀なので、この状態がほぼ完成図となりました。

断捨離をする工夫8

まとめ

物が捨てられない時はとりあえず取っておく。

捨てられない時は取っておいてもいいんです。

でもいつもの場所から抜いてみる。そしてしばらくそのまま使わない生活をしてみる

なくても大丈夫

やっぱり必要なかった。

それが分かればその時、捨てられなくてもきっと手放せる時が来るはずです。

もし必要に迫られたらまた使えばいいんです。それは断捨離が失敗したのではなく、単に必要だった、というだけのこと。

私は何よりも、すっきり整理した元の場所には戻したくなくなってしまったので、整理整頓をしたことで手放せる心の準備ができました。

断捨離の方法

  • 捨てる
  • 譲る
  • 売る
  • 別の用途として使う

断捨離といっても捨てるのが唯一の方法ではないですね。

捨てられない→から捨てる心の準備が出来たら、自分に合った方法、納得できる方法で手放してみるのはどうでしょうか。

物が捨てられない私が断捨離をする3つのステップでした。

 

本日のプラスひと家事でした。

お読みいただきありがとうございました。

 

その他、整理整頓についての記事はこちらから。

www.ianddaughter.net

www.ianddaughter.net